育毛効果UPに欠かせない!フィナステリドも使う理由

育毛効果UPに欠かせない!フィナステリドも使う理由

鳥の画像

「髪にボリュームを出したい」
「現状維持じゃ物足りない…」

という方は、フィナステリドとミノキシジルを併用しましょう!

治療薬には、薄毛の進行を抑えるフィナステリドと毛の成長を助けるミノキシジルがあります。それぞれが違う働きをするので、併用すると両方の効果が得られ育毛力がアップします。

AGAの原因ホルモンを抑える!
フィナステリドはAGAの原因となるホルモン(DHT)に働きかけ、抜け毛を防いでくれます。

男性の薄毛を招いていのは、ほとんどがDHTの仕業です。

男性ホルモン・テストステロンと5αリダクターゼという酵素が結合すると、DHTに変わってしまいます。

フィナステリドはテストステロンと5αリダクターゼの結合を妨げることで、DHT生成を抑えて薄毛の進行を防ぐことができるのです。

フィナステリドには1つ弱点があり、薄毛は防げても発毛を促す作用はありません。

ミノキシジルは毛の生成や毛の成長を促す働きがあるので、併用するば抜け毛を減らしながら発毛することが可能です。

ミノキシジルは卒業可、フィナステリドはずっと続く
ミノキシジルはフィナステリドとは違い、毛母細胞に直接働きかけて発毛を促進する作用があります。

抜け毛を減らすだけでなく、毛量を増やす働きがあるのは嬉しいですよね。

2つの治療薬を使えば、相乗効果が期待できます。
フィナステリド:抜け毛を防ぐ
ミノキシジル:発毛を促す

しかし効果が高く得られる半面、副作用のリスクが高まるという難点も。

ある程度「毛が増えてきたな」と思ったら、一旦ミノキシジルの服用を止めてみましょう。

フィナステリドは抜け毛を予防するために、服用を続けてください。