ミノキシジルって何?薄毛に悩む男性は必見!

ミノキシジルって何?薄毛に悩む男性は必見!

虫眼鏡で注視する男性
男性ホルモンが原因で引き起こる男性特有の薄毛や抜け毛は、AGA(Androgenetic Alopecia)と呼ばれています。
日本人男性は20代で約10%、30代で約20%、40代で約30%、50代以降で約40数%と年を重ねるごとにAGAの発症頻度は高くなっていきます。
薄毛や抜け毛は40代や50代以降で起こるイメージが強いですが、男性ならば年齢関係なく20代や30代といったまだ若い人でもAGAを発送する可能性は十分にあるんです。

AGAによって失われた毛根は時間が経てば経つほど取り戻しにくくなり、放置をしすぎてしまうと毛根が死んでしまい、そこからは一生毛が生えてこなくなってしまいます。
AGA治療はそうなる前におこなうのが必須!
「最近髪に元気がない?」「生え際が後退してきた?」「地肌が前より見えている?」と感じた時にはじめるようにしましょう。

ミノキシジルはAGA治療の王道!

AGA治療は生ぬるいやり方だと症状は進んでいってしまいます。
きちんと毛髪を取り戻したいのなら医薬品に頼るべき!

ミノキシジルという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
AGA治療でよく使用される治療薬がミノキシジルになります。
そうリアップやスカルプDなどの育毛剤に使用されている成分です。

ミノキシジルはもともと高血圧症の治療薬として開発がおこなわれ、治療に使われていました。
その後、ミノキシジルに毛髪を育ててAGAの症状を回復させる効果がみつかりました。
そうしてミノキシジルはAGA治療薬としても使用されるようになったのです。

しかしここでオススメしたいのは育毛剤に配合されているミノキシジルではなく、タブレットタイプの服用するミノキシジル。
頭皮に塗るタイプとは違い直接体内へと摂取するため、多くのミノキシジルを吸収でき、より効果が得やすくなります。
(タブレットタイプのミノキシジルって?詳しくはこちら

そんなミノキシジルの効果はというと、栄養を毛髪へと届けること。
AGAを発症してしまうと、毛髪がきちんと栄養を取れないまま抜けていくため、頭皮には元気のない毛ばかりとなってしまいます。

そこで登場するのがミノキシジル。
ミノキシジルを服用すると、全身の血管が拡張されて血流が増加していきます。
血液には栄養が豊富に含まれており、血流増加によって身体の隅々、頭皮の隅々にまで栄養のある血液が運ばれ、毛髪まで栄養が行き渡るのです。
栄養が得られた毛髪は丈夫なコシのある毛髪へと変化していけるのです。

そんなミノキシジルの効果は服用後6ヵ月ほどで感じられます。
毛髪が薄ければ薄い人ほど治療を焦り、6ヵ月が長く感じるもの。
ミノキシジルによるAGA治療はできるだけ早くはじめるに越したことはありません。